気温が高くなると、自律神経のバランスは乱れてしまいます


こんにちは。

 

 

 

 

まさかの12分

こんなデータが出ていました。

 

8日時点までの7月の日照時間が、12分

 

1日のうちではないですよ? 7月の第1週での結果です。

 

ちょっとお茶を飲んでる程度の時間しか、太陽が出ていなかったのです。

 

これでは洗濯物もパキッと乾かないし、気分だって上がってこないですよね。

 

太陽を、こんなにまぶしく感じてしまうのも納得です。

 

 

 

 

気温に注意

しかし、スッキリと晴れていることを、素直に喜んでいられないのも正直なところ。

 

それは 気温 です。

 

20℃台前半で推移していた最高気温が、一気に30℃まで上がってきています。

 

アスファルトの照り返しが強いところでは、体感温度が、もう少し上がっているでしょう。

 

 

 

気温変化と自律神経

急激な気温変化は、著しく自律神経を消耗させます。

 

もともと健康な方であれば、耐えられる場合がほとんどなのですが、

 

自律神経症状が出ている方だと、その体温調節などに関する自律神経のはたらきに身体が付いていけず、

 

頭痛などの症状が悪化してしまったり、熱中症などになりやすくなってしまう可能性があります。

 

 

 

 

身体が、夏の気温に慣れるまでの間は、温度管理に十分に留意してください。

 

水分補給と温度管理が、これから1週間を上手に乗り切るポイントです!

 

 

 

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木