ミネラル足りてますか?


こんにちは。

 

 

 

6月に入り、梅雨も間近に迫ってきました。

天パの僕としては、戦いの日々が始まります・・・。

髪のうねりに悩まれているみなさん、共にこの梅雨を乗り切りましょう!!

 

 

 

 

さて、今日はミネラルのお話です。

以前は、”無機質”なんて呼び方をされていましたね。

ビタミンとセットで語られることが多い、このミネラル。

身体にとっては、なかなか見逃せないものなのです。

 

 

 

ミネラルというのは、大きな枠組です。

細かく見ていくと、マグネシウム・カリウム・カルシウム・鉄 などなど、

ミネラルに含まれる栄養素の種類は、ものすごく膨大な数に昇ります。

 

 

 

このミネラル、身体に蓄えられる量は微量なのですが、

与えている影響は大きく、多過ぎれば、もしくは足りなければ、深刻な症状を引き起こすものまであるのです。

 

 

 

そして、この時期です。

外にいるだけで汗が噴き出してくるわけですが、

汗とともに、ミネラルが身体からどんどん失われていきます。

 

 

その結果、熱中症になりやすくなったり、イライラしたりと、自律神経のバランスが、簡単に崩れてしまう状態に自然となってしまうのです。

 

 

 

うーん。。。 これはよろしくないですよね。。。

しっかり、失ったミネラルを補ってあげなければいけません。

 

 

残念ながら、ミネラルは、体内で生成することができません。

したがって、食事を見直すことが重要になってきます。

 

 

 

ミネラルの多い食物としては、やはり海産物です。

わかめ・ひじきなどの海藻類や、牡蠣やカタクチイワシなどの魚貝類には、さまざまなミネラルが多く含まれています。

サラダに少し海藻を散らしたり、小腹がすいた時に小魚をおやつ代わりにするのが簡単かもしれません。

 

 

また、きのこ類にもミネラルは含まれています。

特にエリンギ。

カリウムやマグネシウムの含有量が多く、デトックス食材としても優秀です。

 

 

カルシウムに関しては、やはり乳製品から摂るのが一般的です。

牛乳やチーズ・ヨーグルトなどですね。

ヨーグルトであれば、ミネラル摂取と同時に腸内環境のケアもできるので、一石二鳥!

アーモンドやクルミなどのナッツを散らして食べれば、さらに栄養価も高くなります。

 

 

 

 

紹介した食品は、ごく一部です。

調理法や食材を変えて、さまざまにアレンジしながら、

ミネラルを美味しく摂取できる方法を見つけてみてください!

 

一人暮らしでどうしても難しい・・・

という方は、サプリメントを使うのも有効です。

しかし、毎日の食事からの摂取が好ましいので、少しだけ工夫してみてくださいね。

 

 

 

 

さぁ、今のうちからミネラルをしっかり摂って、

夏バテ知らずな身体を作っておきましょう!

 

 

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木