首や肩、背中の痛みは姿勢にあった! その仕組みと解決法!


こんにちは。

 

 

 

突然ですが、あなたは頭の重さがどのくらいあるか、ご存知ですか?

 

 

 

一般的ではありますが、成人男性で5~6kg 成人女性で3~4kgあると言われています。重い人では、8kgにもなるそうです。

これは私たちが普段見かけるものに例えると、スイカやボーリングのボールと同じぐらいなので、

8~13ポンドのボールを持て上げていただけると、頭がどれくらいの重さなのかを実感してもらえると思います。

そんな重さのものが、常に背骨の上に乗っているわけです。

けっこう重いですよね!

 

そして、この状態というのは、1 本の棒の上でボーリングのボールを、微妙なバランスで安定させていることと似ています。

(人間の身体というのは想像以上に凄いバランスを持っているんですよ!)

 

 

しかし、日頃からパソコンを使った事務作業や、長時間の運転などをしている人は、姿勢が前かがみになりやすく、バランスを崩しやすくなっています。

首から上が前のめりなると、重心がずれた頭は、物理法則によってどんどん下に落ちてきます。

しかし、そのままだと転んでしまうので、頭が落ちないように、首の筋肉が頑張って支えなければなりません。

その結果、負担のかかった首が凝ったり背中に痛みが走ったりするのです。

 

 

 

 

また、「普段から下ばかり見ている人」の、首・肩から背中にかけての筋肉にかかる負荷は相当なものになり、痛みや凝りなどの原因になります。

猫背の姿勢は、見た目が悪いだけでなく、呼吸が浅い、疲れやすい、肩や背中が凝るなどの症状が出てくるのです。

その状態では、脳に行く血流も悪くなり、自律神経のバランスが乱れてきます。

脳の血流が不足してくるので、当然、物忘れもひどくなります。

このような症状が出てくると大変ですよね。

 

 

 

 

対策をお教えします!

普段から視線を上げて、正しい姿勢になるように心がけていけば、肩こりや首の痛みが少なく快適にすごせます。

はじめは違和感があったり、すぐに悪い姿勢に戻ってしまうと思いますが、諦めずに頑張ってみてください。

知らないうちに、正しい姿勢が取れるようになっているはずです。

首の真上に頭が来るように、自分の姿勢をコントロールできるようにしていきましょう!

 

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木