睡眠不足が、生活を壊してしまうかもしれません。


こんにちは。

 

 

 

いきなりですが質問です。

 

みなさん、睡眠時間はどれくらいでしょうか?

 

6時間くらいの方が多いのではないかと思います。

中には、3時間くらいしか眠れていない方もいるのではないでしょうか?

 

 

世界各国の睡眠時間を比較すると、日本の短さは、7時間50分で世界第2位!!

意外に長いなぁと思った方、多いですよね。

実は、このデータは6年前のものなので、現在ではさらに短くなっているはずです。

 

 

ひろカイロ整体院の患者さんにも、

『かなり遅くまで仕事をし、ほぼ終電で帰宅。

そこから食事をして、2時3時に就寝。

7時くらいに起床、仕事へ向かう。』

こんな生活パターンの方、たくさんいらっしゃるんです。

 

 

 

筑波大の教授や、睡眠の研究をしている医師によれば、

『日本人は慢性的な睡眠不足』

になっているとのこと。

 

 

 

睡眠が不足していると、”借金”ならぬ、”借眠”が溜まってきてしまいます。

その結果、日中の集中力の低下や、自律神経バランスの乱れなどなど、

さまざまな症状が引き起こされるのです。

もちろん、疲れだってどんどん溜まっていきます。

身体が重くなったり、痛くなったりするのも睡眠不足が影響していることが多いですね。

 

そして、残念ながら、人間の身体は寝溜め、つまり”貯眠”はできないのです。

したがって、週末に寝たからといって、次の週に遅くまで作業していいというわけではないのです。

しかし、”借眠”を返済することは可能です。

『寝不足だなぁ』と感じている方や、どうも身体の調子が悪いという方は、

借眠返済のために、思い切って寝てみるというのも一つの手かもしれません。

 

 

 

さぁ、春も近づいてきました。

’春眠、暁を覚えず’と申しますし、

このタイミングで生活のリズムや、睡眠の状態を見直してみるのはいかがでしょうか?

 

 

ベッドに入ったらケータイを見ない!

など、ちょっとした心がけだけで、驚くほどの変化を生み出すものがあるかもしれません。

まずは、何時間くらいちゃんと眠れているか、確認するところから始めてみましょう!

 

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木