毎日、どれくらいの砂糖を摂取しているか、知っていますか?


こんにちは。

 

 

 

ニュースをご覧になった方も多いと思われますが、

WHO 世界保健機構から、ものすごい発表がされましたね!

『砂糖の摂取量を、1日の総摂取カロリーのうち10%に抑えましょう』

そして、最終的にはこのパーセンテージを 『5%』 にまで下げていくことで、

体重増加や糖尿病、歯の病気を予防できるとのこと。

 

 

う~ん。。。 ちょっとわかりにくいですね。。。

たとえば、1日に2000kcal摂取している方であれば、そのうち200kcalを砂糖から。

ゆくゆくは、100kcalにしていきましょうというガイドラインなのです。

 

 

5%というのは、おおまかに小さじ6杯ぐらいの量なのですが、これがけっこう大変そうなのです。

ケチャップ小さじ1杯分には、同量の砂糖が含まれていますし、

缶の清涼飲料水には、なんと小さじ10杯分もの砂糖が!!

これだけでも、すでに基準値をかなりオーバーしてしまっています!!

 

 

 

このように、普段なにげなく食べているものには、かなりの量の砂糖が加えられており、

それを知らずに摂取してしまっているのが現代社会です。

 

 

 

血糖値が上がりすぎてしまうと、ホルモンのバランス等が崩れてしまうため、自律神経にも影響があります。

したがって、もともと自律神経・うつ症状などでつらい方にとっては、

砂糖は避けた方がいいもののひとつです。

 

 

 

今回のWHOのガイドラインには、フルーツや野菜、牛乳など、

自然本来の甘み・糖分は含まれていません。

どうしても甘いものが食べたくなってしまったら、フルーツを食べて、

身体を満足させるようにしましょう!

 

では、質問です。

そのチョコレートやケーキ、本当に今すぐ食べたいですか?

 

 

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木