滝本院長の論文が医学誌に掲載されました!(2本目!)


院に届きました!

滝本院長の論文が登録されている医学誌【診療と新薬】です。

医学誌「診療と新薬」です!

前回の、「医学と薬学」に続いて2冊目です。
さきほど帰られた患者さんが机に並ぶ医学誌やセラピスト(雑誌)を見ながら、

「滝本先生って、本に載ってるんだね」

私「はい、論文も書いていますし、そもそも治療家であり研究者でもあるんですよ~。」

患「ええー!研究者なの!?すごいね!へぇーっ!」

と、興味津々で話していました。
院の中での先生しか知らない患者さんがまだたくさんいますので、驚くのも無理はないですね。

もしセロトニン活性療法と美容系のコラボで美しくなれるのなら、喜んでモニターになるよー♪とも言ってくれて嬉しかったです。

老若男女すべての人々が限りある時間の中で、たくさん笑顔になっていただけるよう院で努めたいと思いましたし、ひたむきに研究を続け、院で治療をして、ご自身の成長のために学びも絶えず続けている滝本院長の姿は憧れであり誇りです。

論文の題は「セロトニン活性療法が健常成人の唾液中のセロトニン分泌に与える影響」です。

論文の見出し部分、滝本院長の名前がちゃんと載っています!

いつもありがとうございます。

相澤