プチ情報「睡眠と肥満」


皆さんは毎日何時間くらい睡眠をとっていますか?

実は睡眠時間と肥満には相関関係があることが分かっていて、
毎日7時間睡眠をとるグループを基準にすると、
6時間のグループで23%、5時間のグループで50%、
そして4時間以下のグループになると73%も肥満度が増す確率が高くなる
という検証結果があります。

なぜ睡眠時間が短くなると肥満リスクが高まるのでしょうか。

その原因は2つのホルモンの働き。
睡眠時間が短くなると食欲を押さえる「レプチン」が減り、食欲を増進する「グレリン」が増えるんです。
しかもグレリンが増えると無意識に高脂肪・高カロリーな食事を欲するようになるのにも注意が必要です。

寝不足で疲れている時に限って、こってりしたラーメンなどを食べたくなるのはこれが原因かもしれません。

さらに、睡眠不足が続くと体内の深部体温が下がるので起きている間の代謝が落ちてしまうのも怖いです。

また、睡眠に関わるホルモンが『メラトニン』です。
身体のリズムを調整し、睡眠を安定させるのに大切な役割をもっています。

そしてその「メラトニン」の原料になるのが「セロトニン」です。
日中に太陽光を浴びるのがポイントになりますので、朝起きたらカーテンを開けて太陽光を浴びてみましょう。

眠りについて、是非意識してみてくださいね。