暑さ対策、万全ですか?


こんにちは。

 

 

猛暑日。

 

すでに字面からして暑そうな雰囲気があります。

 

この時期で37℃を超えるということは、真夏は40℃を超える可能性も高いのではないでしょうか?

 

インドやアメリカでは50℃を超えたというニュースもありました。

 

50℃のお風呂って、熱過ぎて入れませんよね?

 

もはやどれほど暑いのか、想像すらできないほどです。

 

 

気温50℃の世界

 

気温が50℃を超えると、どんな状態になるのでしょうか?

 

・道路が溶ける

インドでは道路のアスファルトが溶けてしまい、横断歩道などの表示がグニャグニャに。

 

・外出禁止、公休に

バグダッドでは、酷暑の予想が出たその日から4日間を公休日にすることを急きょ決定。さらに、その4日間は自宅から出ないように呼びかけた。

 

・汗が止まり、頭が働かなくなる

ある一定の気温を超えると、人は汗をかかなくなってしまいます。すると、体温調節がうまくいかなくなり、どんなに湿度が高かったとしても肌が乾燥してきてきます。

さらに、めまいが起きたり、幻覚を見たりと、脳が正常な判断をすることができなくなってしまうのです。

 

これでもごく一部。

もちろん、熱中症患者が増えるというのも影響のひとつです。

 

 

 

今のうちから対策を

 

さすがに気温が50℃まで達することは、日本国内では無いとは思います。

 

しかし、酷暑の影響はすでに出ており、熱中症による救急搬送の数は去年よりも増加。

 

今後さらなる暑さが予想されています。

 

比較的気温の低い今のうちから、水分補給などの対策を徹底しておきましょう。

 

特に、不定愁訴と呼ばれる症状をお持ちの方は、温度に対して非常に敏感に身体が反応してしまいます。

 

熱中症で倒れてしまっては元も子もありません。

 

この酷暑を乗り切るには、事前準備は欠かせませんよ!

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木