チョコレートを健康的に食べよう!!


こんにちは。

 

 

 

今日は18℃

 

明日は、場所によっては25℃に達するかもしれないらしいですね。

 

2月に25℃。

 

沖縄よりも暖かくなるようです。

 

ちょっと異常気象過ぎますよね。。。

 

 

 

 

そんな明日はバレンタイン!

 

2月14日はバレンタインデーですね。

 

”あの子からチョコはもらえるのか”

”あの人に渡せるかな”

 

などなど、老若男女問わず、ちょっぴりドキドキのイベントですよね。

 

ひろカイロ整体院にも、患者さんのためにちょっとしたものをご用意しています。

 

 

 

みんな大好きチョコレート

 

バレンタインと言えばチョコレート。

 

百貨店などの催事コーナーでは、チョコレートを買おうとする女性で、今日はごった返しているでしょうね。

 

そんなチョコレート、『嫌い!!』という方はなかなか見ないですよね。

 

むしろ、『大好き!!』という方は多いと思います。

 

僕も大好きです。

 

 

 

急激な血糖値の上昇に注意

 

そんなチョコレートですが、やっぱり甘いものなので、砂糖が入っています。

 

大量に食べてしまえば、血糖値が一気に上昇してしまうのです。

 

身体にとって、急激な変化はストレスや刺激になってしまうのはご存知の通り。

 

通常の状態に戻そうと、自律神経やホルモンが一斉に活発になり、身体に負担をかけます。

 

もともと弱っている方にとっては、この負担がズッシリくるものなのです。

 

 

 

食べる量とタイミングに気をつけて

 

『じゃあ、チョコレートを食べられないの?』

 

そんな声が聞こえてくるようですが、決してそうではありません。

 

勇気を出して、チョコレートを渡した女性の気持ちは踏みにじれませんよ!

 

チョコレートをはじめとした甘いものは、食事のあとに食べるようにすればいいのです。

 

食事のあとにも、血糖値は上がります。

 

砂糖がたっぷり入ったものでなければ、その上がり方は緩やかなもの。

 

その状態でチョコレートを食べれば、血糖値が一気に上昇することもないのです。

 

もちろん、大量に食べてしまうのはオススメしませんが、これはどんな食べ物にも同じことが言えますよね。

 

”常識的な量を 食後に食べる”

 

これが、チョコレートを美味しく、かつ身体に負担をあまりかけずに食べる方法です。

 

明日のバレンタインは、ぜひ実践してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

ジャニーズ事務所をはじめとしたタレントさんに届く大量のチョコレートは、どうやって処理されてるんでしょうか。。。(笑)

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木