ハロウィンの狂騒が自律神経に与えるダメージ


こんにちは。

 

 

 

10月も最終日です。

 

巷はハロウィン一色で、誰も彼もが仮装しているような錯覚さえあります。

 

ハロウィンイベント中のディズニーシーでは、待ち時間が600分

 

つまり、10時間超えしたものまで出たそうですから、

 

このハロウィンの盛り上がりは、狂騒と言っても良いぐらいかもしれませんね。

 

 

 

 

『最近仕事が忙しかったから、仮装してイベントへ!ストレス発散!!』

 

といった感じで出かけられる方、意外と多いと思います。

 

非日常を味わえるというのは、人間にとってものすごく魅力的なものですからね。

 

しかし、自律神経的に注意しなければならない部分があることもお忘れなく!!

 

 

 

 

例えば、人混み。

 

渋谷のスクランブル交差点の人の数は、異常なまでに膨れ上がっていて、警察が出動するほど。

 

”もともと自律神経のバランスが乱れている” ”すごく疲れている” というような症状がある人が、

 

こんな場所に行くとどうなるか…。

 

ひどい頭痛やめまいをはじめ、症状が悪化してしまう可能性があります。

 

 

 

また、朝まで騒ぐとなると、生活リズムが崩れてしまうことも考えられます。

 

たった一晩徹夜しただけでも、身体が弱っている時はかなりのダメージを受けるのです。

 

 

 

 

付き合いやノリでしょうがなく… というのも理解できるのですが、

 

あくまでも大事なのは、身体です。

 

そして、当然のことですが、疲れている・弱っている身体は、休むことでしか回復できません。

 

 

 

今回のハロウィンをはじめ、これから年末にかけて様々なイベントが目白押しです。

 

ご自分の体調とうまく相談しながら、無理なく楽しめるよう、工夫してみてください。

 

では、HAPPY HALLOWEEN!!!

 

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木