冷えに効く! 朝ごはんにはスープを!


こんにちは。

 

 

 

冬場の15℃は暖かく感じるのに、

 

今の時期の15℃はものすごく冷えているように感じてしまいます。

 

同じ15℃なのに、不思議ですよね。

 

これは自律神経が身体を調節して、外気温に対応させてくれているわけですが、

 

人間の身体ってよく出来ているなぁ。。。 そんな風に思います。

 

 

 

 

さて、そんな人間の身体。

 

体温が1日の中でもっとも低くなるのは、いつかご存知ですか?

 

小学生の時に、理科の授業で調べたような記憶がありますね。

 

そうです。

 

体温は早朝が1番低く、夕方に高くなることが一般的です。

 

人体は、睡眠時に体温が下がるようにできているため、このような体温変化が起こります。

 

 

 

 

 

では、もともと平熱が低かったり、冷え性という方の場合はどうでしょうか。

 

こういった症状の場合、深部体温、つまり内臓の温度が低いことが考えられます。

 

ただでさえ低い体温が、朝方にはさらに下がっているわけですから、大変です。

 

寒く感じてしまうのも当然といったところでしょうか。

 

 

 

 

身体が冷えていると、さまざまな症状のきっかけになり得ますし、

 

自律神経のバランスが乱れているときには、冷えが原因でなかなか改善しないこともあります。

 

どうすればいいのか?

 

 

 

 

朝ごはんに、あたたかいスープをオススメします。

 

お味噌汁や、コーンクリームスープなどなど、汁物ならなんでもOK!

 

あたたかいスープが、胃を中心に身体を温めてくれます。

 

体温がもっとも低くなっている時間帯に、内側からあたためることは、

 

冷え対策としてはとても効果的。

 

『朝は食べられない』『朝はコーヒーしか飲まない』

 

という方でも、スープであれば取り入れやすいことも利点のひとつ。

 

 

 

 

また、お湯を入れるだけのインスタントスープも、いろいろなものが売られていますし、

 

『今日はどれにしようかな』

 

なんて、毎朝選ぶのもなかなか楽しいです。

 

 

 

 

さぁ、明日の朝からさっそく試してみてください!

 

1週間続けると、違いを実感してもらえるはずです!!

 

 

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木