冬場のクロップド丈をオススメできない理由。


こんにちは。

 

 

 

 

昨日は寒かったですね。。。

 

施術着も、そろそろ半袖のままでいるのは限界かなぁ なんてことを感じています。

 

 

 

 

 

最近のファッションの傾向として、いわゆるクロップド丈

 

つまり、足首が見えるくらいの長さのパンツを履いている方が多いように感じます。

 

しかし、このクロップド丈、冷えやすいということは想像に難くないのではないでしょうか?

 

 

 

では、これからの季節、クロップド丈がおすすめできない理由を説明しましょう。

 

 

人間の部位の中で、”首”とつく場所が何ヶ所かありますよね。

 

そう、 『首、手首、足首』 です。

 

この3ヶ所は、冷え対策において重要な役割を担っているのです。

 

 

 

『首、手首、足首』 には、それぞれ太めの血管があります。

 

血液というのは、熱も運んでいるのは御存知の通り。

 

つまり、これら3ヶ所を温めれば、全身を温めることが可能なのです。

 

逆を言えば、この部位を冷やせば、体中の熱が奪われてしまうということ。

 

 

 

 

では、冒頭の話題へ戻りましょう。

 

クロップド丈はもちろんオシャレで足が長く見えるのですが、

 

常に足首がむき出しになっているので、自然と冷えてしまうのです。

 

 

 

 

ストールを巻いたり、レッグウォーマーやアームウォーマーを活用することで、

 

モコモコになるまで厚着をしなくても、身体を冷やすことなく過ごせるのです。

 

 

 

 

 

凍えるような寒さになっていない今のうちから身体を温めておくことで、

 

冬場になって慌てて対策を練らなくて済むのは、大きな利点です。

 

もちろん、これ以上ない風邪予防のひとつですしね。

 

 

 

首!手首!足首!です。

 

寒くなってきても負けない、ポカポカな身体をつくっていきましょう!

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木