身体が冷えていると、自律神経の乱れが良くならない?


こんにちは。

 

 

 

 

今週に入り、一気に気温が下がってきました。

 

『衣替えもまだなのにーっ!』 という患者さんが、昨日今日と多かったですね。

 

今週・来週末に運動会というところもあるようで、

 

応援している親御さんたちは、ジッとしていたら冷えてしまいそう。

 

このまま冬へと突入してしまうのでしょうか?

 

 

 

 

 

気温が下がってくると、気になるのが

 

”冷え性”

 

ですよね。

 

 

 

冷え性を持っているという方は、自分の平熱を考えてみてください。

 

36.5℃いかないという方、けっこういるのではないでしょうか?

 

もし届いていないとしたら、冷えているのは手足だけではなく、全身です。

 

 

 

 

身体が冷えていると、どんなことが起きるのか?

 

まずは、自律神経の乱れが改善しにくくなります。

 

内臓機能の低下や、血流の悪化、筋肉の強張りなどなど、

 

みなさんが思いつく、ありとあらゆる調子の悪さが、自律神経の乱れを通じ、 ”冷え” に繋がってくるのです。

 

 

そして、気になるのがこちら。

 

太りやすくなる。

 

女性だけでなく、男性にとっても聞き捨てならないですよね。

 

身体が冷えていると、免疫機能と代謝機能が低下します。

 

すると、消費カロリーが減り、同じ生活をしていても、結果的に太っていってしまうことが考えられるのです。

 

サウナで汗をダラダラかく人と、全くかいていない人をイメージしていただければわかりやすいですね。

 

 

 

 

ここまで読んでいただいて、冷えているのはマズイと思っている方がほとんどのはずです。

 

では、どう対策すれば良いのか。

 

簡単です。

 

温めれば良いのです。

 

『そんなのもうやってるよ!』という声が聞こえてきそうですが・・・

 

ポイントがあるのです。

 

中から温めてください。

 

例えば、冷え性対策ということで、たくさん厚着をされる方がいらっしゃいます。

 

保温インナーにセーターにダウンジャケットにストール

 

これ、表面的な温度は実際に上がるかもしれませんが、体内に関してはそこまで変わらないはず。

 

内側から温めてください。

 

ゆっくりお風呂に浸かったり

冷たいものを口にしない

緩やかな運動をする

 

などなど、少し気をつけるだけで、身体の温まり方が全然違ってきてしまうのです。

 

 

 

温活を上手に取り入れて、今年は冷えない毎日を送りましょう!

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木



Fatal error: Call to a member function get() on a non-object in /home/sites/heteml/users/r/e/a/reallize/web/hiro_chiro/wp-content/themes/hiro_chiro/content-single.php on line 12