錦織選手や田中将大選手ら、トップアスリートのゾーンと自律神経


こんにちは。

 

 

 

昨日は、錦織選手の準決勝が行われましたね。

 

試合開始が遅い時間だったので、今日は寝不足という方も多いのではないでしょうか?

 

残念ながら今回は負けてしまいましたが、

 

勝負どころで見せる力強いプレーには、来年への期待が高まります。

 

4大大会優勝、達成してほしいですね!

 

 

 

 

 

 

 

錦織選手だけでなく、田中将大選手やダルビッシュ選手、サッカーでは本田圭佑選手などなど、

 

多くのトップアスリートと呼ばれる選手たちが、もの凄いプレーをしているとき、

 

その集中力は極限まで研ぎ澄まされています。

 

いわゆる  『ゾーン』  という状態ですね。

 

この『ゾーン』という言葉、耳にしたことがあるという方も多いと思います。

 

適度に緊張感がありつつも、全く力まず、スッキリしたまま、自分の力を最大限発揮できるのが、

 

『ゾーン』です。

 

選手たちは、”ボールが止まって見えた” とコメントすることが多いように思えます。

 

 

 

 

 

 

ところで、この『ゾーン』、スポーツの場ではなく、一般生活においても経験できます。

 

仕事中、うまく集中して、周りの雑音が気にならなくなり、

 

思うがままに作業が進み、時間がかからずに完了してしまっていた。

 

こんな体験をされたことはありませんか?

 

これがまさに、『ゾーン』なのです。

 

 

 

 

『ゾーン』に入るためには、自律神経のバランスが大切です。

 

交感神経と副交感神経のふたつが、バランス良く、

 

1:1で働いているということが必要になってきます。

 

とかく、交感神経が高まりやすい現代人の生活。

 

お風呂で温めたり、軽い運動を少ししてみるなど、

 

積極的に副交感神経を高めていきたいですね。

 

トップアスリートたちの『ゾーン』に少しでも近付いていきましょう!!

 

 

 

 

ひろカイロ整体院
佐々木



Fatal error: Call to a member function get() on a non-object in /home/sites/heteml/users/r/e/a/reallize/web/hiro_chiro/wp-content/themes/hiro_chiro/content-single.php on line 12