緑内障には要注意


失明原因1位 「緑内障」

日本人の失明原因の第1位とされるのが「緑内障」であり、国内の潜在患者数は今や500万人以上とも言われています。
更に高齢者特有のものではなく、40代以上の人なら誰でも発症する可能性があるのが特徴ですね。

 この緑内障の怖いところは、進行するまで自覚症状がないことと、一度失われた視野や視力は回復することがないこと。
そのため何より大切なのは「早期発見&早期治療」です。


チェック方法

そこで、緑内障を発症しているかどうかのチェック方法をご紹介しましょう。

まず簡単なのは眼球の弾力性チェック
片目をつぶってまぶたの上から優しく押してみましょう。毎日チェックするうちに変化に気付けるようになります。

次は、テレビやパソコンの画面を片目ずつでじっと見てみます
この時、目線は画面の中央から動かしません。視野にぼやけた所や見えない所がある場合は要注意です。

インターネット上にはより精度の高いセルフチェックが出来る専用の画面があるので、
「緑内障・セルフチェック」で検索してみてくださいね。

 

緑内障の原因は?

次に最も気になる緑内障の原因についてお話しましょう。

「加齢」以外の危険因子は高血圧・血液ドロドロ・睡眠時無呼吸症候群・糖尿病など血液悪化を引き起こすもの。
「血流の悪化」が高い眼圧の要因になることから、体の血流を悪化させる様々なことが危険因子になるのです。

ストレスで自律神経が乱れて、交感神経が過剰に働きすぎてしまうと血流が悪化してしまいます。
自律神経の乱れも緑内障の原因になるかもしれませんね。

緑内障にもセロトニン活性療法!

なお、緑内障が発症した場合は基本的に眼圧を下げる目薬で治療するのが一般的で、進行した場合は手術になりますが、正しい治療を行えば症状の進行を止めたり遅らせることが出来ます


もう
一つ眼圧を下げる方法として忘れてはならないのは当院のセロトニン活性療法』です。

実は当院に来院される患者さんで一日中パソコンの前でデスクワークをしている方の殆どが、脳圧が高くなり眼圧も高い傾向にあります。
原因は首の姿勢の悪さによる歪みで脳脊髄液の流れが悪くなる
ことにあります。

セロトニン活性療法は即効的に効果が現れます。

目がスッキリした
視野が広がった
頭が軽くなった

など感想を言われる方が殆どです。

大切なのはとにかく早期発見!是非定期チェックを行いましょう。
もし、チェックをして当てはまる方はセロトニン活性療法を一度試して頂く事をお勧めします。

 


 



Fatal error: Call to a member function get() on a non-object in /home/sites/heteml/users/r/e/a/reallize/web/hiro_chiro/wp-content/themes/hiro_chiro/content-single.php on line 12