うつ病に関する興味深いデータが発表されました


こんにちは。

 

 

 

7月に入りましたね。

 

2016年後半もあっという間に終わってしまうんだろうなぁと、今から戦々恐々としています。

 

梅雨は一刻も早く明けてほしいですけどね。

 

 

 

ちなみに、昨日のような

 

『そこまで暑くないけど、涼しいわけではない』

 

という天気の日が、個人的にはいちばん苦手です。

 

湿度が高いせいで、ほんの少し動いただけで汗でベタベタになってしまいますからね。

 

かと言って、砂漠ほど湿度が低いのも困りものですが…(笑)

 

 

厚生労働省発表のまとめ

 

そんな中、厚生労働省から ”労災” に関するまとめが発表されました。

 

2015年度、”労災”であると認められた人の数は723人。

 

これは過労が原因による症状での数なので、

 

事故などを含めた全体の数は、もっともっと多いです。

 

この723という数、2014年度から比べると50人ほど減少しています。

 

「過労に悩まされている人が減ってるんだ!!」

 

と思われた方、どうやらそれほど簡単な話でもないようなのです。

 

 

 

過労によるうつ病

 

この723人中、うつ病などの症状であると認められた人の数は

 

472人

 

なんと2/3近いのです。

 

しかも、この数は4年連続で400人を超えています。

 

 

数字からわかること

 

この数はあくまでも ”労災認定された” 数であり、

 

実際には

 

”認められていないうつ病” や ”そもそも申請すらしていない”

 

場合もかなりの数あるはずです。

 

厚生労働省の発表では、うつ病などの気分障害に罹っている患者は111万人。

 

実質的な国内のうつ病患者数は400万人とも、600万人とも言われていますし、

 

このままでは、さらに増加の一途を辿ることになってしまうかもしれませんね…

 

 

 

家族・同僚・友人など、身近な方の様子が少しでもおかしかったら…

 

手遅れになる前に声をかけてあげてください。

 

それが、最も効果的なうつ病対策のひとつですから。

 

 

 

ひろカイロ整体院



Fatal error: Call to a member function get() on a non-object in /home/sites/heteml/users/r/e/a/reallize/web/hiro_chiro/wp-content/themes/hiro_chiro/content-single.php on line 12